アンティーク

a0159690_18331913.jpg


気合入れて、
よし!広東語の復習を真剣にやるぞー
毎日図書館へ行くぞー
と、心で叫んでみたものの
朝から義母の銀行へのお使いやら
お買い物であれが足りないこれが足りないやらで
3回も家から往復しちゃいましたよ。

そんなこんなで昼ごはん
久しぶりにたまごサンドを作りました。
あの、マヨネーズであえたたまごサンド。
香港ではあまり食べる機会がなくて。
おいしかった!

さて、お昼食べたし今度こそ図書館へ!と奮い立ったのが2時半
さぁ、荷物持って外に出て、おっと日傘を忘れたわと
戻ったそのタイミングで帰宅してきた義母。
結局一緒に2階へ(爆)
義母の遅いランチのお話相手になりつつ、気付けば3時半。
あーもぉ今日はダメだ!

せっかくなので
この古いミシンを出してきて
義母に教えてもらいました。
でもいまいち理解できていない(^^;;
下糸と上糸の強さって、どうやって調節するんだったかしら
返し縫いって、このミシン出来るのかしら
とりあえず、練習で直線縫いをしてみたものの
見事曲線縫いになっちゃいました。

どなたかこの古いミシンの扱い方
コツをご存知の方はいらっしゃいませんか?
できれば日本語で教えて頂きたいです~とほほ~
[PR]
Commented by まる at 2011-07-07 19:20 x
ピカピカに光ってきれいなミシンですね。柄も素敵。私の家も子供のころは、足踏みミシンでしたが、ミシン台つきで、鉄製の柄も何もないものでした。 
卵サンド・・私も香港に来てから一度も食べていません。
急に食べたくなってきました♪ ふっわふわなパンで挟みたいなぁ。
Commented by Hachi at 2011-07-07 22:48 x
すごい!これ、相当古いでしょう?
こうゆうミシンをほしいって言う人、結構いると思いますよ。

横に電源コンセントが見えるってことは、電動ってことですよね?
なんか、すごい~!
義母がずーっと前に洋裁の仕事をしていたので、義母の家にも
古ーいミシンがあります(業務用)が、私には全然使い方がわかりません。

ミシンて、基本的には単純な構造だから、糸調子さえうまくいけば
大きな問題は無いと思うけれど(ジグザグ縫いとかまつり縫いとかできなくても)、その糸調子ってのが、古いものほどやっかいじゃなかったですか?

ちなみに、なにを縫おうとしているのかな?
Commented by TOUKO at 2011-07-07 23:17 x
素敵ですね~本当はこんなミシンが欲しかったです。二年前にミシン買ったのですがどれもプラスチックみたいなので出来てて、ミシンって鉄じゃなかったですか?って聞いたら、昔はそうでしたけどね・・って笑われてしまいました^^;ここの所ご無沙汰なので出してみようかな・・作りたい物はいっぱいあるのですが・・
Commented by ricky-momi at 2011-07-08 01:17
思いだしたのですが、これってボビンケースにボビンを入れるタイプですか?
最近のミシンは、ボビンケースは使わず、水平釜にそのままボビンを
入れるタイプなので、糸調整は、ミシンにあるダイヤルでします。
ボビンケースの場合は、ボビンケースについているネジを調節したと思います。キツイとボビンは回らないし、ゆるすぎてもダメ。
昔のミシンは、下糸のみを調節するものが多かったと思います。
しかし、この糸調子を合わせるのが難しいんですよね。
家庭科の時間を、全て糸調子で終わってしまった記憶がありますもの。

ボビンケース 調整 で検索するとみつかるかもしれませんよ~!
Commented by hongkongpeu at 2011-07-08 09:36
飾っておきたいほどのきれいなミシン!
この時代のならボビンケースで調整するのでしょうね
これって足踏みを電動に変えたのかな?
Commented by koedagaffe at 2011-07-08 20:00
みなさんおっしゃっておられるように、ホントに美しいミシン。
造形美といいましょうか、用の美といいましょうか。
やわらかな佇まいさえ感じ味わえるようなこういう道具、使いこなせたら気持ち満たされますよね。
ウチにも昔はこの手のミシンがありました。
美しいものから生み出された手作りの品もまた、美しさや温かみが宿りますものねえ。
Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-09 11:53
まるさん
ぜひ、ふわふわ食パンでたまごサンド
やってみて下さいね。久しぶりに食べると感動しますよ〜
このミシン、主人が生まれる前からあるそうです。
もちろん中国製。説明書が簡体字でした。読めない(^^;;
Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-09 12:04
Hachiさん×2
2つもコメントありがとうございます!
まとめてお返事させて頂いちゃいますね(^-^)/
主人は6人兄弟姉妹の下から二番目で
義母が子供達の服を手作りしていたそうなので
50年以上前のものだと思います。
中国製で堅牢なミシン、たぶん直線縫いしか出来ないと思います。
Hachiさんのお義母さまがお持ちなのは業務用ですか!すごいなぁ。きっと厚めの生地でもガンガン縫えますね(^^)

おっしゃる通り、ボビンケースです!
家庭科の授業で見たボビンケース、面白い名前、という印象しか記憶に残っておらず(笑)
なるほど、ボビンケースで調整ですね。検索してみます。
ありがとうございました!



Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-09 12:09
TOUKOさん
あら、何をお作りになるんですか?
私は初心者なので、直線で縫えるもの(笑)
これはどっしり、鉄です。実家の昔のミシンもプラスチックだけど、
仕組みは確かボビンケースだったような
Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-09 12:12
ぺうさん
ナイス着眼点!さすがぺうさん
以前足踏みだったミシンを電動に改造?し直したそうです。
リフォームで埃まみれの箱の中から久々に取り出してみました。
幸い時間があるので、直線縫いの連続から始めます(^-^)/
Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-09 12:31
こえださん
胡蝶牌,と書いてあります。胡蝶印の足踏みミシン
中国では良く普及していたのでしょうかね。
お裁縫、大の苦手なので最初は触る気もしなかったのですが
ふと、動かしみようかなと、引っ張り出して来ました。
でも慣れないと難しいですね。目指すは正しい直線縫いです。
こえださんのお家にあったのはシンガーミシンかしら?
日本はシンガー、ジャノメ、ブラザーだったかな。
Commented by bravo1212 at 2011-07-09 12:31
うちの実家にもありました。
つい最近まで足踏みミシンであったけど もう捨てちゃったかもしれないです。
糸調節難しいですよね。私はこの実家のミシンで家庭科が苦手になりました(笑)
Commented by TOUKO at 2011-07-09 20:03 x
私も直線抜いばかりです(笑)カバンとか本には角はカーブって書いてあってもカクカクです^^;本見ながら作っても違う物が出来上がります(ミシン関係ないかしら?)なので枕カバーとかそんなのばかりです~しかもミシン出すの面倒だと手緩いしちゃってます~
今のはボビンもプラスチックだしケースもなくて便利になったのでしょうけど実はボビンケースをカチャってはめるの好きでした・・
50年以上も現役で説明書もあるなんて大事になさってるのですね~素晴らしいです!
Commented by mimi姐姐 at 2011-07-10 14:06 x
うちの実家にもありましたよ、足踏みから電動にかわったの。 結婚した時も母が日本からミシンを送ってきてくれたので、たまにひっぱり出してきてはリフォームしています。 アンティークって本当に味があって素敵なミシンね。 
Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-10 19:14
ブラボーさん
私も~ 私の家は足踏みではありませんでしたが
旧式のものでやはりボビンケースタイプでした。
糸調節、挫折中です。また開けるのは来週かな(^^;;
Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-10 19:16
TOUKOさん
そんな!アレンジ出来て完成するんですから素敵です!
私はいつも中途半端で投げちゃいますので(^^;;
手縫いも苦手なワタクシ、どうしましょう~!
説明書、きれいな状態でした。どうやら見ないで
身体で覚えたんでしょうね。義母は。スゴイ。
Commented by leifu-nihongkong at 2011-07-10 19:18
mimi姐姐
アンティーク、って書いたけれど、正確にはまだアンティークの域には達していないかもしれませんね(^^;;
足踏みから電動に替えて使っていたんですね。以前は。
それだけミシンの需要があったという事でしょうねぇ。
またしばらくしたら引っ張り出して糸調整してみます。
by leifu-nihongkong | 2011-07-07 18:32 | 携帯より(香港) | Comments(17)
2010年8月から香港離島生活を開始しました。眠ることと食べることが大好き。マイペースに暮らしています。