書くと話すと作文と

今回から広東語の通常授業とは別に
「中文字」の授業が始まりました。

中文字、つまり漢字です。
日本人なので、漢字にはなじみがあります。
が、広東語ってなんでこう・・・(以下略)

書き言葉と話す言葉、違うんですよね

たとえば、「彼らの腕時計」は


他  們 的 表 (たー むん でぃっ びう)
イ巨 0地 0既 表 (こぉい でい げ  びう)

こんなに違います(爆)
(上記が書き言葉、下記が実際に話すときの言葉)

これまた私が中途半端に
普通語の歌などをカラオケで歌った経験があるために
「的」を「だ」とか言ってしまう訳です。
勉強らしい勉強をしていなくても、こんな調子ですから
普通語から広東語のお勉強に移られた経験がある方々も
きっと大変だったんだろうなぁと、お察しいたします。

でも、この勉強を続ければ
発音はちんぷんかんぷんでも
新聞や文書が読めるようになるんだ!
と、自分を奮い立たせようと思います。

今日の宿題は
「一、二、三・・・・十、我 國、美、中、太、是 etc」などを
10個ずつ書く練習と、漢字の部首の組み合わせ練習など。
あらー なんだか小学生みたい。


しかし、これ以外にも課題がありました。
通常授業では、毎週「story making」というクラスが始まりました。
これは、毎週お題を頂いてそれについて5分程度で話せる作文をし
翌週先生に提出、添削後の文章を暗唱するという・・・しかも毎週。



心の叫びは
「なんでこんなに~!!!」
ですが
気持ちを切り替えると

「漢字練習なんて、小学生の練習ドリルみたいで新鮮~
 自分で好きに作文が作れるなんて楽しい~」

です。
そうだそうだ。楽しいのだ!(たぶん)



ということで、皆さまよい週末を(^^)
[PR]
Commented by mangonaoko at 2011-01-15 16:20
私は読み物はだいたいいつも「北京語モード」で読んでます。頭の中の発音も・・
でもって、広東語は話し言葉だという括りで勉強してるので、
「え~~これってこんな字で書くんだったの??」ってビックリすることも(笑)
発音だけで覚えてるからでしょうけど、正直自分の頭の中でどんな区分けなのか
実は分かっていないんです・・・。
考えないようにしてるの・・・通じればいいから(笑)
難しく分析始めたらイヤになるから(爆)
Commented by leifu-nihongkong at 2011-01-15 19:04
naokoさん
うんうん。考えない方がいいと思います(笑)
ちょっとだけ、普通語の発音を知ってるのが
更に混乱を招いております^^;
大変だけど、がんばりますわ〜

Commented by hongkongpeu at 2011-01-17 02:08
日本語も改めて考えると難しいですもんね
「香港で日常生活をすること!」なのでテキストに出て来ないこともたくさんあるでしょうね~
この前のように「この時は何ていう?」がだと覚えやすいですよね
Commented by leifu-nihongkong at 2011-01-17 09:43
ぺうさん
実践で使える広東語、その場で聞いて覚えるのが一番なんですが
即メモしてないのが私の悪いところ^^;
定着にはまだまだ時間がかかります〜
Commented by 履歴書の封筒 at 2011-11-20 13:24 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by leifu-nihongkong | 2011-01-15 11:03 | 広東語学校で | Comments(5)
2010年8月から香港離島生活を開始しました。眠ることと食べることが大好き。マイペースに暮らしています。