拝山の準備(追記)

義母が袋いっぱいに買ってきた拝山(ご先祖を拝むこと、お墓参りとかお盆の行事とかも)
の一部です。
a0159690_020193.jpg

壽金
a0159690_0203319.jpg

金色
a0159690_0204936.jpg

銀色
a0159690_021362.jpg

それと七色の紙、(幼稚園の時にお花とか作りませんでしたか?
ティッシュより若干厚めの紙)このように丸めてたくさん作ります
(まだまだ作ってますー たぶん拝山のその日まで)
a0159690_0281742.jpg


まだ、香港の宗教事情についてはよくわかりませんが
我が家は特に宗教に属してるわけではなく
祖先を祭っているらしいです。

拝む時にお金やいろいろ紙でかたちどったものを燃やす、というのは
香港の情報サイトや、映画などで知っていました。(古いですが「古惑仔」とか)
でも、これは初めて。
手作り感満載。
メイドさんいわく、離島や新界地域など、都会から少し離れたところでは
このようにするところが多いそう。
都会は最近キリスト教さんが増えてきたり、簡素化しているとか。
なるほど、メイドさんネットワーク情報(笑)
「あなたはキリスト教の家(あるいは若い家族の家)だから
拝山の準備が楽でいいわねー」なんて、メイドさんどうしで
お話してるのかも。

そう、都会に住んでいる家族が両親が住む実家に戻って
このような儀式(というのかな)をするのかもしれませんね。
現に私たち夫婦以外の兄弟姉妹は、香港島や九龍に住んでいて、
週末や行事がある時に島へ戻ってきますから。
日本と同じかも。

さて、このほかに、袋状になっているものや
紙で作られた衣服(上着とズボンが紙で出来ていて畳まれているので
普通の長方形の紙かと思った)
丸めずに燃やすお金を模した紙や色のついたろうそくなど
色々ありました。

彼にお義母さんを手伝って紙を丸めたよーと話したら
「日本人には珍しいものだからねー」と笑ってました。
彼らには当たり前のこと。でも私には初めて。
いいじゃない。ね。

拝山はところでいつするのかしらん
実際のお墓へ行く拝山は9月らしいのですが
今回は家でするそうです。はてさて?




準備の途中で食べた仙草ぜリー
お砂糖の味が素朴でいい感じ
a0159690_0291398.jpg

[PR]
by leifu-nihongkong | 2010-08-19 00:25 | つれづれ(香港) | Comments(0)
2010年8月から香港離島生活を開始しました。眠ることと食べることが大好き。マイペースに暮らしています。